この効果発揮後

ミスターです。
さあ0:00までに間に合うか!
マックが遅いぞ!


たとえば
龍の覇王ジーク・ヤマト・フリード
【バースト:自分のライフ減少後】
自分のライフが3以下のとき、BP15000以下の相手のスピリット1体を破壊する。
この効果発揮後、このスピリットカードをコストを支払わずに召喚する。

ハンゾウ・シノビ・ドラゴン
【バースト:自分のライフ減少後】
相手のフィールドのスピリット/ネクサスの色1色につき、コアが1個しか置かれていない相手のスピリット1体を破壊する。
この効果発揮後、このスピリットカードを召喚する。

どちらも「この効果発揮後」召喚します。
ところがヤマトの方はライフが3以下でないと召喚できません。
ハンゾウは破壊できなくても召喚できます。

この差は何でしょう?

ヤマトの効果には「ライフが3以下のとき」という条件があります。
それを満たされなかったら効果を発揮したことになりません。

ハンゾウの方は条件はないため、効果が空振りでも発揮したことになります。
マジックの空撃ちみたいなものかな?

こう考えると「この効果発揮後」、「その後」など判断がしやすくなるかも。

コメントの投稿

非公開コメント

No title


ヤマト、ライフ減少時にコスト3であれば破壊するスピリットがいなくても召喚されるのでは??

公式Q3で

裁定変わった??

Re: No title

> ?
> ヤマト、ライフ減少時にコスト3であれば破壊するスピリットがいなくても召喚されるのでは??
> 公式Q3で
> 裁定変わった??

変わってないです。
日付変わる前なので焦って書いたので、確認せずに間違っています。
ライフが3以下のときという条件が対象で、「破壊する」は空撃ちOK。
指摘ありがとうございます。修正しました。