フロアルールについて

ミスターです。

バトスピ部だけではなく、公式サイトでも「ルール「フロアルールに関して」を公開!」(PDFで開きます)にアクセスできるようになりました。
他のカードゲームは分からないのですが、このようなルールを出していたのでしょうか?
ショップとしては、今までこのようなことは独自で規定していましたが(文書化は無し)、公式サイドから明文化されたため対応がしやすくなりました。

第1章:イベントに参加する皆さんへ
第2章:プレイヤーの皆さんへ
第3章:観戦者の皆さんへ
第4章:ジャッジについて
第5章:使用できるカードについて
第6章:スリーブについて
第7章:イベント進行について
第8章:対戦の終了および勝敗について
第9章:大会の途中棄権について
第10章:不正行為による対戦結果の操作について
第11章:ペナルティについて

多くが弊社で実施している当たり前の内容となっています。
1-3章に関してはマナーと行っても良いと思いますが、このように記述しなければならないということが、世の中いろいろあるんだなというのを実感させられます。

「対戦中はタイミングや、効果の宣言をはっきりと行い、対戦相手もそれにきちんと答えるようにしましょう。」

しっかりやりましょう。
誰とは言いませんがw。


「第4章:ジャッジについて」
「また、すべてのジャッジは、ルールの間違いやプレイヤーの不正行為または不正と疑わしき行為を 発見した場合、これに介入して指摘、修正することができます。」

効果の間違いはジャッジは指摘しません。お互いに確認し、解決しなければジャッジを呼んでください。
また相手のカード、フィールドを許可無く過度に触ったりした場合も介入があるかもしれません。


「第7章:イベント進行について」の「II. 時間切れに関して」は通常は実施していません。
進行の短縮、待ち時間をなくすことを優先とし、さらにほとんどがスイスドローで対戦しているためです。
ただし店舗予選の決勝、トーナメント実施時ではCSでの30分ルールの時間を変更して適用しています。

そして今回一番大きなことと思っているのが「第11章:ペナルティについて」です。
種類と判例が記載されているので、この例にのっとって対応しようと思います。
マナーが悪い者、コア先払いや無言プレイなどに対する対応も考えやすくなりました。

「・誤って、余分にカードを引いてしまった。この場合、余分に引いた枚数をジャッジがランダムに選び、デッキに戻しシャッフルします。」

こんな例もありました。
これは実践したことが無かったので、状況にもよりますが適用していく予定です。


皆さん一度フロアルールをすべて読んでくださいね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

中標津バトスピ

Author:中標津バトスピ

最新記事
最新コメント
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR