バーストの宣言について

ミスターです。

久々のルール記事となりました。
昨日フリーでの事ですが、バーストの宣言のタイミングの話がでたので改めて。

バーストの宣言は持ち主が決めます(※発動ではありません)。効果の処理順とは関係ありません。
例えば破壊時ですが、その宣言は破壊されたスピリットなどが、派生効果の解決まで全部終わってトラッシュに行くまでの間に宣言可能です。
派生効果が終わってトラッシュに行き、次の効果を使ったら破壊時の宣言は出来ません。

発動は全ての効果が終わったあとに処理をします。


そして具体的な例です。
文面で書くとちょっと面倒な説明です。

磯武者キリサメに星海槍アスピディスケが合体してアタックしました。
ソウルコアが乗っています。

パターン1)
アタック時効果で相手のコスト3のスピリットを破壊しました。派生効果無し。
さらに相手のコスト4のスピリットを破壊しました。派生効果無し。
ここで相手のネクサス骸の斜塔の効果で1枚ドローしました。
ここまで来たら別の効果の解決になってしまったので破壊時バーストの宣言は出来ません。

パターン2)
アタック時効果で相手のコスト3のスピリットを破壊しました。
相手は破壊時バーストの宣言をしました。
ですが、コスト3以下のスピリットは破壊時に疲労で残ることになっていてトラッシュには行きませんでした。
このとき!宣言したバーストの条件が変わったのでセットし直せます。
そしてアスピディスケの効果でコスト4を破壊しました。
このとき再度バーストを宣言できます。


バーストは宣言のタイミングが重要なので、相手にパパパッと処理をされると何がなんだか分からなくなるので、相手を止めてでも確認した方がよいでしょう。
それがたとえ条件の合わないバーストだとしてもブラフのために。

ターンプレイヤーが効果の解決順の権限を持っているので、相手の効果も含めて、頭の中に解決順までシミュレートするとよいかも。
でも時間の掛け過ぎも問題なので、一から十まですることはなく、普段から慣れておくのが良いでしょう。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

中標津バトスピ

Author:中標津バトスピ

最新記事
最新コメント
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR